ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  フラッグフットボール  »  フラッグのプレーを考える② 「シチュエーション」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッグのプレーを考える② 「シチュエーション」

1st down



これは、私アメリカンフットボール(以下フットボール)経験者が考えるフラッグフットボール(以下フラッグ)のプレーについての持論です。あくまで!



私は学生時代ディフェンスバック(DB)で、試合ではシチュエーションによってポジショニングを変えて守ることを重要視していました。


1st down 10yd のつき方、2nd down ショート・ミドル・ロング、3rd down ショート・ミドル・ロング、4th down ギャンブル・・・。


シチュエーションによって当然プレーも変わってくるし、ディフェンスはゾーンであろうがマンツーマンであろうが、ある程度相手の出方を読まなければ、全てを守るのは不可能であると思います。




   ベア1


ベアちゃん「また始まったわ、ウダウダシリーズ・・・。」



フラッグの場合も然り、オフェンスはその時その時のシチュエーションによってプレーを選択するし、ディフェンスもそれを読んでポジショニングを変えます。


当然そこは騙し合いと駆け引きの世界。


例えば、ロングのシチュエーションならディフェンスはロングパスを警戒。するとアンダー(手前)ゾーンが空いてくるのでオフェンスはそこへパスを投げたり、ドロープレーを入れてみたり・・・。


2nd down 1yd。短いパスを投げて確実に1st down を狙うのが普通ですが、仮に1回パスを失敗してももう1回チャンスがあると考えて、思い切ってロングパスを投げてみたり・・・。

ディフェンスは必ず頭に入れなければならないシチュエーションです。



ベア2


ベアちゃん「・・・・・・寝よ。」



フットボールでは定石ですが、フラッグでも同じことです。


フラッグのディフェンスは、ブリッツを入れるためほとんどマンツーマンなので、自分のマークしているレシーバーについていけばいいのですが、ヤミクモについていくのでなく、シチュエーションで相手のコースを先読みしてつけば、もっと守りやすくなると思います。


実際マンツーマンはめっちゃ難しいんですけど!簡単に言ってますが、すいません。



結論として、何を言いたかったかというと、相手のリアクション(反応)とポジショニング、そしてその時のシチュエーションをよく考え、頭を使ってプレーしなければならないということです。




では、次回「フラッグのプレーを考える③」でまたお会いしましょう。
ちゃんちゃん♪



スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ごる

Author:ごる
兵庫県伊丹市のフラッグフットボールチーム 「鈴原ファイティングローゼズ」 のコーチ兼プレーヤー。
37歳 2児のパパ。

Twitter
ごるのつぶやき。
    follow me on Twitter
    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    FC2カウンター
    FC2ブログランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。